プロフィール

瀧本靖子

Author:瀧本靖子
国際中医師、中医薬膳師、国際薬膳師、管理栄養士、フードコーディネーター、ソムリエ協会認定ワインエキスパート。

東京の三軒茶屋教室を中心に、横浜・青葉台で薬膳教室心味を主催しています。
薬膳料理の「基本の“き”」を習得したい初心者から、薬膳を家族の健康管理に役立てたい方、体質や症状に合わせ「自分カスタマイズ」の薬膳をマスターしたい上級者、資格取得を目指す方まで、多彩なコースをご用意しております。
東京都内、神奈川県内を始め、全国のカルチャーセンターなどでも講座を持っています。
詳しくは薬膳教室心味のホームページをご参照ください。


最近の記事


ブログ内検索


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月17日の水曜クラスから薬膳実践学院の後半の授業が始まります。

後半の教科書のサンプルが届きました!

完成が間に合わないのではないかと、編集スタッフ一同焦りまくったのですが、終わってみれば余裕の完成。

中身は、四診、八綱弁証、気血津液弁証、臓腑弁証、そして中医内科学
P6120109.jpg

季節の養生、方剤学
P6120108.jpg

と充実の内容です。

今回も無理な日程で頑張ってくれた編集会社のスタッフ、色々と生活面でヘルプしてくれた家族、監修の小金井先生には大変お世話になりました。

1人では頑張れなかったし、完成できなかったです。

感謝!



いよいよ後半へ!


薬膳実践学院の前半の授業が、まずは水曜クラスが終了しました。

14日が日曜クラスの前半の最終回になります。

そして、いよいよ後半の授業が始まります。

後半は、診断学・内科学・方剤学となります。

中医学の診察方法・診断方法を「学問」としてきちんと学び、まずは基礎を固めて、体調・健康・美容の管理に役立てられるようになって欲しいと思います。

教科書も、「中医基礎理論2」となります。

今回の教科書作成も、大変だった・・・。

最初は、「教科書、完成するんだろうか」と不安になりましたが、前回同様に「千里の道も一歩から」でした。

監修の先生に
「自分で書いた教科書原稿なのに、こんなに赤字が入るんだ」と言われましたが、校正するたび、色々な修正箇所があるんです。

丹精込めて、今現在の精いっぱいを込めて作った教科書なので、後半の授業もしっかりと行いたいと思います^^

第9回目の授業終了


昨日で第9回目の薬膳実践学院の授業が終わりました。

そろそろ、勉強している内容が混乱してきたり、自分がいまどの辺りを学んでいるのか見失う頃なので、いちど、振り返りつつの講義でした。

また、午前中の調理実習はテーマが「鬱証」でした。

鬱証の講義は1時間程度ですが、教室とは違って、皆さんの知識が深くなっているので、病因病機などもしっかりと解説します。

本質が話せて、いつも以上にやりがいを感じます。

そして、学院では毎回3種類の生薬の勉強をしますが、見ただけでは分かりませんから、座学プラス実際に見て、飲んで確認をします。

これも、学院の特徴のひとつだと思います。

9回目くらいになると、生徒さまそれぞれに苦手な味、感じ取りやすい味があることが分かってきて、それも面白い。

次回は第10回目、いよいよ前半の最終回です。

楽しく、前半を終わりましょう。


毎日温かくて晴天で、GWを満喫されている人も多いでしょう!

私は、この2年間の最後の追い込み中です。

毎日14時間くらい原稿と向き合って、そろそろ1週間・・・。

口の中が口内炎だらけで、耳の中まで痛いし、疲労困憊^^;

でも、一緒に頑張って無理な作業をしてくれる人たちが居るので、頑張るしかない。

残り1週間弱、頑張れ!わたし!

この2年間、年末年始も含めて1日も休まずに働き続けてきたので、もしかしたら6月くらいになったら、気が抜けて、ダメダメ人間になっているかもしれません。

生徒さまへ。

最近メールの返信が滞っていたり、簡素な返信になっているかもしれませんが、しばらくお許しください。

5月の基礎クラスの内容はまた近日中にブログに書きます!




学院の調理実習


今日は薬膳実践学院でした。

学院では調理実習もあります。

と言っても、教室よりもゆっくり作り方を確認してみんなで作るだけで、切り物などの下準備は全てこちらで終わらせていますので、あっという間に料理は完成します。

今日の学院のメニューはどれも私の好みな味わいだったのですが、学生さんが帰りに
「今日も美味しかったです、お粥は御代わりしたかったくらい。女性はみんな好きな味だと思います」
と言ってくれて、とっても嬉しかったです。

薬膳実践学院の特徴として、「ほどよく調理実習をする」というのがあります。

毎回実習があると講義が足りなくなると思いますし、あまりに実習が少ないと、薬膳のイメージが感覚的につかめないと思いますので、前半5回、後半5回の合計10回が調理実習です。

写真のお花は、水曜クラスの生徒様が下さった薬膳教室の10周年のお祝いのお花です!

皆さんが相談してお花を下さったのが、びっくり&嬉しくて、泣きそうでした^^

水曜日のクラスの特徴は、ふわっとした、柔らかくてお人柄の良い方ばかりで、生徒さん同士がとても仲良しなのですが、生徒さん同士が仲が良いというのは、とても嬉しいです。

薬膳の勉強を続けていると、わけが分からなくなることも多々あると思います。

そういったとき、生徒さん同士で協力し合えると勉強を楽しく続けられると思います。

教室でも、良いお友達は見つかると思いますので、ぜひ交流を持っていただけたらなと思います。


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。