プロフィール

瀧本靖子

Author:瀧本靖子
国際中医師、中医薬膳師、国際薬膳師、管理栄養士、フードコーディネーター、ソムリエ協会認定ワインエキスパート。

東京の三軒茶屋教室を中心に、横浜・青葉台で薬膳教室心味を主催しています。
薬膳料理の「基本の“き”」を習得したい初心者から、薬膳を家族の健康管理に役立てたい方、体質や症状に合わせ「自分カスタマイズ」の薬膳をマスターしたい上級者、資格取得を目指す方まで、多彩なコースをご用意しております。
東京都内、神奈川県内を始め、全国のカルチャーセンターなどでも講座を持っています。
詳しくは薬膳教室心味のホームページをご参照ください。


最近の記事


ブログ内検索


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薬膳おかゆ


今日はシニア向け雑誌の撮影がありました。

とてもスムーズに撮影が進んだので、一枚も自分で写真を撮る隙がなくて、写真ゼロ・・・。

健康に良い薬膳おかゆを紹介しました。

「お粥」というと、あまりイメージが湧かないと思うのですが、心味のお粥は

「えー、こんなお粥あるのー^^」という色々なタイプのお粥を作ります。

お粥の講座を3年くらい前から開催していますが、講座ではかなりインパクトのあるお粥も出します。

ただ、雑誌や一般の人向けの場合は、美味しく手軽に、あっという間に作れて、ヘルシーだけれど、ボリュウムも季節感もあるおかゆを作ります。


そして

講座以外のお仕事は、「初めまして」で仕事が始まるので、相手がどんな人なのか、何を求められているのか、どこまでの説明を必要とされているのか、どんなテンションの人なのか、そういったことをその場で瞬時に察知して望まれていることを打ち出さなくてはいけないのです。

質問に対して、的外れな回答をしてしまったり、うまく表現できなかったり空回りしたときは、心の底から敗北感と、悔しさと、自分への絶望感が噴出して溢れ出てきます。


今日は、料理を作りながら撮影をしながら、取材に答えながらというパターンだったのですが、ある程度経験が重なり、落ち着いて手際よく仕事が出来るようになりました。


そして、絶賛してもらい、連載になりました。

次号は、心が折れない薬膳カレー!

もともと心の病に薬膳が良い、というのを広めたくてこの仕事を始めたので、とても嬉しいです。


そして、撮影が順調に行くときは、いつも思い出す人がいます。

初めての本を編集してくれた人です。

何にも分からずに、迷惑をかけまくった人です。

「あの時はひどかった」

と、撮影が順調なときは、いつも思い出します。

今からは考えられないくらい、迷惑をかけました。

今でも仲良くしていただいているのでメールしようかな、と思ったけれど、来週会うから良いかな。

会えるの、楽しみにしています^^
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

http://mosucocomi.blog122.fc2.com/tb.php/811-c01ab285


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。