プロフィール

瀧本靖子

Author:瀧本靖子
国際中医師、中医薬膳師、国際薬膳師、管理栄養士、フードコーディネーター、ソムリエ協会認定ワインエキスパート。

東京の三軒茶屋教室を中心に、横浜・青葉台で薬膳教室心味を主催しています。
薬膳料理の「基本の“き”」を習得したい初心者から、薬膳を家族の健康管理に役立てたい方、体質や症状に合わせ「自分カスタマイズ」の薬膳をマスターしたい上級者、資格取得を目指す方まで、多彩なコースをご用意しております。
東京都内、神奈川県内を始め、全国のカルチャーセンターなどでも講座を持っています。
詳しくは薬膳教室心味のホームページをご参照ください。


最近の記事


ブログ内検索


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薬膳は愛です2!

にざえもん__
薬膳のいろは「1日クラス」へ沢山の方が参加してくださり嬉しいです。

引き続き基礎クラスへお申し込み下さった皆様、一年かけてじっくり体の事を学び、バランスを整えて更に健康に美しくなりましょう!

薬膳は観察であり、愛だといつもお話しています。

料理を作る人はみな、薬膳でなくても同じ気持ちで料理を作っているのではないかと最近思います。

「今日は昇進祝いだから、これを作ろう」
「今日は寒いから、温まる料理を作ろう」
「最近仕事を頑張って疲れているようだから、これを作ろう」
などなどね。

相手が望むことを察して料理を作るのが、家庭料理人の生きがいだと私は思います。

そこに、体調を考えて料理を作るのが薬膳家庭料理人です。

疲れているようだから、補気メインの料理を作る、イライラしているようだから、理気メインの料理を作る、飲みすぎて湿熱が溜まっているようだから、清熱利湿の料理を作る、頭痛がするから。。

そして、ワーカホリックな私は、
「今日は大事なプレゼンがあるから、脳が活発に動くような料理を作る」
「今日は大事な試験だから、記憶力を高めて、脳の疲労を取る料理を作る」
など等考えて料理を作り、生薬を飲みます。

意外と簡単に出来ます。

教える立場だと、皆さんの質問に答えますからそれなりに知識が必要になります。
しかし、自分や、家族、大事な人だけならそんなにパターンは多くありません。

ご自分がチャングムかホジュンになったつもりで、やってみるとおもしろいですよ~!

一番大切なのは、愛情を持って観察すること。

放置はいけません♪

今週は、火曜日が「お粥な薬膳」
水曜日が「アンチエイジング薬膳:髪の毛を丈夫に!体を丸ごと若返らせる」
木曜日が「男性更年期」の講座になっております。

三寒四温ですが、体調を崩されずにご参加下さいませ!



関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

http://mosucocomi.blog122.fc2.com/tb.php/421-4318654e


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。