プロフィール

瀧本靖子

Author:瀧本靖子
国際中医師、中医薬膳師、国際薬膳師、管理栄養士、フードコーディネーター、ソムリエ協会認定ワインエキスパート。

東京の三軒茶屋教室を中心に、横浜・青葉台で薬膳教室心味を主催しています。
薬膳料理の「基本の“き”」を習得したい初心者から、薬膳を家族の健康管理に役立てたい方、体質や症状に合わせ「自分カスタマイズ」の薬膳をマスターしたい上級者、資格取得を目指す方まで、多彩なコースをご用意しております。
東京都内、神奈川県内を始め、全国のカルチャーセンターなどでも講座を持っています。
詳しくは薬膳教室心味のホームページをご参照ください。


最近の記事


ブログ内検索


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミニP6062137
本日のフジテレビ、バイキングという番組で薬膳実践学院が取材されました。

もしかしたら誤解を生じる内容だったので、確認です。

薬膳実践学院では調理実習があるので、ホラン千秋さんや榎並アナウンサーが実習をする模様が放送されましたが、薬膳教室 心味では実習は基本的にありません。

きんとテロップ紹介では「薬膳実践学院」と紹介されていましたが、「薬膳 三軒茶屋」で検索をした場合、圧倒的に薬膳教室 心味が上位にくると思いますので、こちらと混同されること間違いないなーと思います。

ご迷惑・誤解を生じた場合は大変申し訳ありません。

ただ、10月からは基礎クラスの一部クラスを「調理実習形式」に変更します。

現在の予定としては、三軒茶屋教室の第4金曜基礎クラスが10月から調理実習クラスに変更となります。

スポンサーサイト

薬膳教室 心味・・・つまり、薬膳料理教室ではありません。

薬膳の理論や生活習慣、料理などについて教える教室です。

しかしながら、1時間の講義のあとは、デモンストレーション、薬膳料理4品のお食事タイム・・となります。

そして、生徒さまからの反応は

「今日もすっごく美味しかったです」
「教室で薬膳料理を食べた翌日は調子が良いんです」

などなど料理にまつわるものがとても多い。もちろん

「講義が分かりやすくてとても楽しかったです」
という感想も沢山頂きますが。

ただ、この数週間、色々と考えさせられる仕事が続いたので、良い機会だなと思い。

今年の8月から、基礎クラスのメニューを一部リニューアルします。

もっと美味しくてお洒落な料理になるよう、基礎クラスのメニューを強化します!!!

皆様、今後ともどうぞよろしく御願いいたします!!


撮影

沢瀉 P6230020
激動の1週間が半分終わった・・。

あと3日、頑張ろう。

先日は講座と講座の合間に、3時間でなんと!8品の料理撮影(工程カットも撮影)をしました。
夜のクラスがあるので、何が何でも撮影が終わらないといけなかったので、汗だくになって撮影していたのですが・・。

冷房がガンガンかかっていた室内で、私は汗だくのまま冷房ガンガン・・・
数時間後には咽喉が痛く、くしゃみと鼻水が止まらず、ぞくっと鳥肌がたったので、風邪かも・・・。

という事で、生薬をお茶にして飲みましたら、数時間後には体調も復活。
翌日も何事もなく、とっても元気になりました。

汗をかいて冷房をガンガン・・当然と言えば当然ですが、こういう状況って本当に風邪をひくんだ。
私はあまり風邪を引かないので、新たな発見でした。

気温差も激しいですし、皆様も風邪などひかれませんように。

また講座で、今回の風邪のお話もしますね^^





友人の大原さんから、新刊が届きました。

なぜ、私に献本が来るんだろう???と疑問に思いつつ、本が届いたことを電話で告げましたら
「まあ読んで感想でも聞かせて」と・・・。

読み始めて3ページ目で、「なぜ私に献本が届いたのか」理由が分かりました!

理由を知りたい人はぜひ本を読んでみましょう(笑)

私は投資とかお金の管理とかまったく分からないし、何もしていないのですが、たぶん、同年代のしっかりした人たちは投資やお金についての勉強をしているんだろうなーと思います。

そして、この本は

「お金や投資のことはあまりよく分からないけど、独身だし将来が不安だし、投資がどのようなものか知りたい」と思っている主人公の女性と、彼女に親切に教えてくれる投資のスペシャリストの老人のほぼ二人の問答形式のストーリーなのでとっても分かりやすかったです!!

中医学のバイブルとも言われている「黄帝内経」も問答形式ですが、このスタイルは初心者には分かりやすい。

ギラギラしたお金や投資の本は読んだことがないですし、興味がありませんが、この本は「お話」としてとても面白かったです。

「その本ちょっと貸して!」という方は三軒茶屋教室に置いてありますし、興味のある方はぜひコチラ→投資の神様

6月のチーズクラス


毎月開催している「チーズとワインとおもてなし薬膳」の6月クラスは・・・。

“牛のミルクで比べてみようパート3!”

P6210014.jpg
タレッジョ、タレッジョオーガニック、クアルティローロロンバルドの北イタリアウオッシュ比べや、シメイ ドレ、シメイ ア ラ ルージュのベルギー比べをしてみたり・・

P6210015.jpg
グランカルヴァのりんごの香りを確認したり、このサイズで自宅で購入するには勇気のいるバラカ(白カビ)を食べたり・・。

P6210016.jpg
カベルネソーヴィニオンで洗ったチーズ、メルルルージュや濃厚なチーズローザ ディ ヴァッカを食べたりしました。

そのほか、チーズを使った薬膳料理が4品、クロワッサンにそれぞれお好みのチーズを挟んでトーストしたものなどを食べてお腹いっぱい^^

とは言え、薬膳料理4品は、バター、生クリームなどを一切使わないので、とてもヘルシーで消化に負担がかかりません。

レシピだけを見るととてもさっぱりしているのですが、意外と食べてみるとお腹いっぱいになります。

この日のワインは、ピノノワール(黒ぶどう・通常は赤ワインを作る時に使われる)で作った白ワインでした。

この講座は、色々と美味しいチーズや食べ方を試してみる、心味のほかの講座とはまったく趣旨の違うクラスです。

興味のあるかた、ぜひぜひいらして下さいね。



講演のお仕事


薬膳を教え始めて11年、講演の依頼を受けることも多いので、ちょくちょく出かけています。

先日は、茨城県水戸で講演のお仕事があり、”特急ときわ”に乗りました^^

今回の講演は学ぶことが多く、教室の生徒さまで

「今後、薬膳を教えたい」
「薬膳を仕事に取り入れたい」

と考えている方には、とても参考になる話が出来る体験だったと思います。

そういった方を対象に、「薬膳を教えるにあたって」という感じで講座を開こうかなーと思いました。

10月くらいに予定しますので、興味のある方はぜひ!!


中級クラス舌診!

そうじゅつ P6120106
6月・7月の中級クラスのテーマは「舌診」です。

1ヶ月では終わらない内容なので、2ヶ月シリーズにしております。

自分の舌がどうなのか、手鏡を見ながら勉強していますが、ちらちらと見える生徒さまの舌・・・

かなりの確立で歯型が付いています。

また色がやや紅の強い方が多いかなというのがこれまでの印象です。

舌診も「難しいねー」と生徒さま達と話しながらやっておりますが、まずは日々自分の舌を見る、というクセをつけることが大事です。

そして自分の舌がどのように変化をするか、を見ることが大切です。

いつになく、盛り上がる講座だったので、こういうのは教室ぽくて良いな^^と思いながら私も講座をやっております。

心味の中級クラスは、原則心味の生徒さまで基礎クラスを受講されていることが参加条件になります。
心味の生徒さまのブラッシュアップ講座になりますので、中級から入会することは出来ませんのでご了承ください。

また中級クラスも現在大変込み合っており、席を確保するのが難しくなってきております。

近々、基礎クラスが終了して中級に進むことを検討されている方は、事前にご連絡ください。




薬膳実践学院の後半の授業は診断学からスタートです。

また平日クラス・日曜クラスともに8名前後なので(振り替えやお休みの方がいますので)今期は三軒茶屋教室の半分のスペースを使って調理実習もしています。

※薬膳教室・心味では定員が14名~16名と大人数なため、調理実習形式ではありません。デモンストレーション形式です。

料理が得意で包丁さばきが「さすが!」な方もいらっしゃれば、「料理はほとんどやらないので、苦手です!」と言う方もいらっしゃいます。

また、「へー、そうやって切ると歯ざわりもよくなるんだね」という生徒さま同士での発見も多々あり、調理実習も得るものは多いのだなと思います。

調理実習の流れは、最初に時間がかかる調理を準備して、煮込んだりしている間に講義があります。

講義が終わったら、また調理実習に戻り、料理を仕上げて試食となります。

あと半年で今期が終わってしまうのはとっても寂しい気がします。

9月頃から、学院でも単発講座を始めます。

またHPをご覧下さい!

髪の毛!


私がいつもお世話になっている美容院は、とってもリーズナブルなのですが、安価な金額だけでは私が通うわけがなく。

技術が凄いんです。

カットなどもとっても上手なのです。凄いなー、上手だなー、と思って通うこと2年くらいかな。

色々な美容院を巡ってきましたが、ここは、カットしてもらうと髪の毛がツルツルになるし、久しぶりにパーマをかけたのですが、なんと。

パーマをかける前よりも髪の毛がツルツルになったのです。

ミラクル!

という事で、絶対の信頼を寄せ始めたので・・・

薬膳教室のテレビのロケ撮影の時に、髪の毛をセットして貰いました^^

かなり私は疑り深いので(苦笑)ここの美容院(美容師さん)なら大丈夫、と思ったのでセットして貰いました。

ロケ撮影の間、長時間動き回っても、一糸乱れることなく綺麗なママの髪の毛でした。

すっごくお勧めの美容院です。

興味のある方は、三軒茶屋教室にパンフレットがありますー!!



薬膳の記事アップ

こちらの写真はフォションのエクレア^^

たまらなく美味しい^^


さて、6月は色々と講座以外の仕事があって、非常に忙しい。

しかしながら、沢山の生徒さまが協力して下さるので、とってもスムーズに仕事が運びます。
皆さんのお力に、すごくすごく感謝しています。
明日も、協力してくださる生徒さまはどうぞよろしく御願いいたします。

また、先日撮影した記事がアップされました。
よろしければ、ぜひご覧下さい^^
薬膳の記事

6月17日の水曜クラスから薬膳実践学院の後半の授業が始まります。

後半の教科書のサンプルが届きました!

完成が間に合わないのではないかと、編集スタッフ一同焦りまくったのですが、終わってみれば余裕の完成。

中身は、四診、八綱弁証、気血津液弁証、臓腑弁証、そして中医内科学
P6120109.jpg

季節の養生、方剤学
P6120108.jpg

と充実の内容です。

今回も無理な日程で頑張ってくれた編集会社のスタッフ、色々と生活面でヘルプしてくれた家族、監修の小金井先生には大変お世話になりました。

1人では頑張れなかったし、完成できなかったです。

感謝!



個別相談について

教室では、「個別相談」をしております。

食事指導、健康相談が主な内容ですが、決まりごとは何もありませんので、何か相談したいこと、話たいことがあれば、予約をして下さい。

毎月数名の方が申し込まれますが、「個別相談」で行われることは以下の内容になります。

●体調相談の場合は、なぜそのような症状が出ているのか、中医学でどのように考えるか。病因病機の説明、証候分析
●気血津液、五臓を中心に、どのような食生活、生薬を選ぶとよいか

という話になります。

教室である程度勉強していれば、症状が起きている原因についての説明を聞けば理解できると思います。

人間は、腑に落ちて納得が出来ると無駄な不安がなくなりますのでラクになると思います。

有料でも受けられますし、教室で販売している「おいしいだし」を3個購入すると、無料で個別相談が受けられます。

知りたいことがある人は、気軽に予約されて下さい。

私も、もっと「聞きだす力」を磨いて、今以上に役に立つ個別相談にするように、目下更なるレベルアップに向けて努力中です。

熟睡すること


不眠(入眠困難、熟睡できない、すぐ目が覚める、夢をよく見るなどなど)対策は色々な方法があります。

教室でも、「眠れない」をテーマに中級クラスで学びます。

不眠の原因は様々ですが、茯苓で安眠が出来るようになった話を先月したところ、早速数名の生徒さまから

「確かに、茯苓でよく眠れるようになった。」
「夢を見なくなった」

という趣旨の連絡を頂きました。

更に、今月は茯苓に加えると効果がでそうな生薬の話をする予定です。

座学だけでは分からない、人間の身体はやっぱり面白いと思います。

この面白さが、もっと沢山の生徒さまに伝わると良いなと思います。



6月の基礎クラスはテーマが「脾の働き」です。

健康長寿の中心であり、五臓の中でもとっても重要な脾について学びます。

脾が弱い日本人は多いと言われており、話を聞いて色々と自分に当てはまったり腑に落ちることも多いのではないでしょうか。

心味では、講義の進め方として、

●何のために、このテーマを学ぶのか。
●このテーマを理解すると、何が出来るようになり、何の役に立つのか。
●1つ1つの知識を習得することで、まずは点で学び、いずれ点と点が線で繋がると、中医学の理解に繋がる

ことを重点においています。

ですので、講義の最初に、「今日の学びの目的は何か」という話をします。

もしかしたら、初めて薬膳に触れる人には難しいかもしれませんし、「もっと簡単な話が聞きたい」という人もいるかもしれません。

ですが、目的をはっきりとして講義を1年間受講することは、中医学の理解にはとても役にたつと思います。

最初は、???かもしれませんが、気長に参加して貰えれば、確実に知識が身に付くはずです。

特に6月は脾の働き、がテーマなのでとっつきにくい講義かもしれませんが、頑張ってください。

7月は「夏の養生」がテーマなので、少し身近な話になると思います。


6月の持ち物


この写真に写っているのは、ステンドグラスのマグネット。

講義の際に、必ずホワイトボードとマグネットを使う私に、お土産として生徒さんがくれました。

色と形がすっごく可愛くて、テンションがあがります!

さて^^

6月の講座では、食材辞典の使い方(辞書の引き方・食材の探し方)の説明をしますので、辞典をお持ちの方はご持参ください。

また、中級クラスは舌診がテーマですので、手鏡をお持ちください。

舌を見るだけでは、証を断定することは出来ませんが、他の要素と合わせることで、より正確な証が出せるようになると思います。

まずは、自分の舌をみるクセを身につけることから始めましょう!

いよいよ後半へ!


薬膳実践学院の前半の授業が、まずは水曜クラスが終了しました。

14日が日曜クラスの前半の最終回になります。

そして、いよいよ後半の授業が始まります。

後半は、診断学・内科学・方剤学となります。

中医学の診察方法・診断方法を「学問」としてきちんと学び、まずは基礎を固めて、体調・健康・美容の管理に役立てられるようになって欲しいと思います。

教科書も、「中医基礎理論2」となります。

今回の教科書作成も、大変だった・・・。

最初は、「教科書、完成するんだろうか」と不安になりましたが、前回同様に「千里の道も一歩から」でした。

監修の先生に
「自分で書いた教科書原稿なのに、こんなに赤字が入るんだ」と言われましたが、校正するたび、色々な修正箇所があるんです。

丹精込めて、今現在の精いっぱいを込めて作った教科書なので、後半の授業もしっかりと行いたいと思います^^

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。