プロフィール

瀧本靖子

Author:瀧本靖子
国際中医師、中医薬膳師、国際薬膳師、管理栄養士、フードコーディネーター、ソムリエ協会認定ワインエキスパート。

東京の三軒茶屋教室を中心に、横浜・青葉台で薬膳教室心味を主催しています。
薬膳料理の「基本の“き”」を習得したい初心者から、薬膳を家族の健康管理に役立てたい方、体質や症状に合わせ「自分カスタマイズ」の薬膳をマスターしたい上級者、資格取得を目指す方まで、多彩なコースをご用意しております。
東京都内、神奈川県内を始め、全国のカルチャーセンターなどでも講座を持っています。
詳しくは薬膳教室心味のホームページをご参照ください。


最近の記事


ブログ内検索


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ウーマンタイプ9月号がアップされました。

ウーマンタイプ

記事内で紹介した銀座のジャッジョーロは美味しいし雰囲気もいいですからお勧めです♪

そうそう、私の住んでいるマンションの同じフロアの方が三軒茶屋で居酒屋を経営されていて、そのお店は「ワイン」と書かれた赤提灯が目印らしいんです。

三軒茶屋の三角地帯にあるそうなので、近いうちに行く予定です。

激戦区の三角地帯で2軒目も出されたそうなので、きっと美味しいことでしょう♪

一緒に行きたい方募集中!ぜひ一緒に行きましょう!

さて、10月3日の「初心者の方へ薬膳のいろは」は珍しく空いております。

基礎クラスを中心に人数の多い講座がほとんどですし、人数が少ない「薬膳のいろは」はおそらく初めてだと思います。

いつも以上にプライベート感が満載になりそうですから、引っ込み思案な方でも安心して参加いただけそうです。

ここのクラスは入会金なしで5000円で受講できます。(その後入会される場合は、入会金が必要になります)

薬膳ってなに?と思われる方もぜひ♪


スポンサーサイト

歯医者ネタ

9月20日 歯医者 __
講座でもちょくちょく話している、私の歯医者ネタ。

8月から歯が痛くて食事がまともに食べられない&痛み止めを飲んでいる生活で、担当医とも治療方針などを話し合ったのだけれど、ついに水曜の夜に悪夢が。。

9月は(毎月言っているような気もするが)セミナーやイベントや取材や打ち合わせなど、いつも以上にスケジュールがタイトで本当に「分刻み」を体験しているのですが、やはり疲労は歯にも大きく影響をするのは間違いがないようです。

水曜の夜基礎クラスの片付けなどを終えた頃から、歯の激痛と、あご、耳の中、耳、頭がガンガンしてどうにも我慢できない状況になりました。

ボルタレンという痛み止めを飲み続けて4錠飲んだのだけれど、痛みはひかず、口が閉じないからよだれがだらだら、涙がだらだら、座ると激痛、横になったら耐えられない激痛、もう無理。。。

歯医者に夜中に電話をして、朝一番の予約をしたのだけれど、その後も頭とあごが割れそうに痛くて再度歯医者に電話をして、「始発に乗っていくから見てくれ」と。

私が通っている歯医者は遠いのだけれど、ありとあらゆる面で便利なので通っており、年中無休24時間対応してくれます。

今回、保険診療自費診療についてもよく調べましたが、セカンドオピニオンのみを求めて歯医者へ行くと診療に当たらないから、自費になるそうです。

でも治療をしていても痛みがなくならないと治療方針や診断に不安を覚えることもありますよね。

私が通っている歯医者には、歯科医師が沢山いるので「院内セカンドオピニオンをお気軽に」という張り紙があります。

申し出るのは簡単ではないかと思いますが、夜間診療にかかると自然と担当医以外の先生に診てもらうのでセカンドオピニオンがもらえますし、先生が変わると診断も変わるものだと今回とても勉強になりました。

どの症状に重きを置いて診断するか、これは中医と同じだと感じました。


結局一睡もせずに、始発で歯医者へ行き、その後講座をして、また最終で歯医者へ行き、何とか痛みがなくなりました。(今も起きてブログを書いているのだから、何時間起きているのだろう・・寝なくては)

この一連の痛みで歯について沢山学びましたが、中医学は「歯の痛み」を得意としません。

また西洋の栄養学からしても、「歯の痛み」は難しいです。

歯も養生がものすごく大切だと思いましたし、近いうちに「歯」の養生について講座をしたいと思いました。
9月16日 新しいつくえ__
美容薬膳と日本ワインのクラスの最終回は「女性ホルモンと更年期」がテーマでした。


また秋に2回シリーズくらいで、薬膳初心者に向けて「女性ホルモンと美容」講座を予定しております。


講座でもお話しておりますが、薬膳を学ぶ目的は

①自分や周りの体調変化や症状を把握し

②何が原因か分析し

③何を食べたらいいのか導ける

この作業ができることで自分や家族の健康管理に役立てるようになる

ことが目標です。

もちろん、お肌のたるみの原因を知り、分析し、食べ物を選ぶ、これらも上記と同じ流れです。

基礎クラスで五臓と気・血・津液の働きや季節の養生薬膳を学ぶことはこれらの基礎になります。

目標を持って、1年間頑張りましょうね♪

また心味では体質別食事指導や体質改善のための個別相談もしております。

基本は30分3150円ですが、相談内容によっては1時間ちかくなることもあります。

継続したメールでのフォローや、その後の講座にいらした時のフォロー相談も含めての金額ですから、じっくり自分の体質や悩みを解決したいかたはぜひ。

栄養、食事相談も兼ねていますので、普段の食事写真などがあるとなおいいと思います。

すでに利用してくださる方も増えておりますが、まだ予約は取れる状況ですのでこちらもぜひ♪

写真は、今日から新しく教室に入ったテーブルです。



講座について

9月11日 ゆる薬膳__
9月のゆる薬膳は「夏にぴったりな薬膳おかゆを作ろう」でした。

おかゆ以外にもたくさん食べられるので、今日がはじめての「ゆる薬膳」参加だった生徒さまからも好評をいただきました。

よかった。

基本的には講義はありませんが、今日も1時間講義をしました。(??)

生徒さまから質問などがあれば答えますので、その流れで講義のようになる場合もあります。

最近は熱心な生徒さまが多くてとってもうれしいです。

先日も、「昨日の夕方イタリアから帰ってきたのですが、どうしても心味のレッスンに来たくて!時差ぼけみたいです」と言って朝10時からの基礎クラスに参加して下さったHさん。

「薬膳教室に来た日の午後は機嫌がいいねって子供たちに言われるんです。楽しくて」と言ってくださるMさん。

チーズイベントが終わってから、私がお礼のメールを出す前に「イベントがとても楽しかったです。」という旨の心が温まるメールを下さった方々・・。

先日、「薬膳教室が最優先事項じゃないのだから、スケジュールの更新は急がなくてもいいのではないか」と言われましたが、もちろんその通りだと思います。

ただ、教室を主催している私がそのように思ってはいけないと思います。

私は、雨が降っても、雪が降っても、台風でも「教室に来たい」と思ってもらえるような講座や教室を開催するように心がけなくてはいけないと思います。

何より優先して心味に来たいと思ってもらえるような講座を作ろうと思わなければ(それが現実になることがなくても)いいものができないと思います。

ということで、ゆる薬膳はレシピが増えるように、講座のあと満腹で帰ってもらえるような構成にします。

10月から、木曜金曜の基礎クラスも第1回目に戻りますし、美容薬膳も1年で完結する構成なのでちょうど10月で第1回目になります。

いつからでも参加していただけますが、とくに10月は参加しやすいのでぜひ興味のある方はいらしてくださいね。
9月9日 __
お教室の生徒さまなら知っているかと思うのですが・・。もうかなり続いている私の歯の痛み・・。

治療しなおしたり、そのため治療を中断したり、歯医者さんも必死なのだけれど、原因がわからないのに痛み続けるって不安ですし、いらいらする。

ネットで調べたり本を読んだりしても見解はさまざまだし、ついに夜中にネットの「はちゃんねる」なるところに投稿してみたら、歯科医師からの返信が結構来ました。

具体的な案はなかったけれど。。


毎日痛み止めを飲むことは怖いけれど、かといって飲まないと日常生活に支障があるし・・。

なにかいいアドバイスがあればぜひ教えてくださいませ。。


さて、今週は「ゆる薬膳」夏の薬膳なおかゆをつくろう!がまずあります。

そろそろ晩夏なので、晩夏にふさわしいないようです。

おかゆとタイトルにありますので、2種類のおかゆを召し上がっていただきます。

そのほかに4品、合計6品が食べられてさらにお土産がつくという破格の講座です。

講義がほとんどありませんが、一応作りながら理論のお話もします。

また金曜・土曜は「美容薬膳と日本ワインのクラス・女性ホルモンを考えよう。プレ更年期と更年期」あります。

このテーマで1時間強の講義ではまったく足らないので、今回も悩みました。

まず更年期の前兆や症状について月経を中心に話します。

また言葉では腎虚や肝鬱など使いますが、それについてのメカニズムなどは話さずに、症状に対して何を食べたらいいのかという話をすることに決めました。


ちょうど、11月の中級クラスが「プレ更年期・更年期」になりますのでメカニズムはここでお話をします。

基本的に「テーマ」はありますが、対象クラスおよび参加されている方によって内容は変えています。


たとえば「便秘」も10月に中級クラスのテーマにありますが、中級にふさわしいメカニズムおよび生薬の話になります。

ひとつのテーマであっても特に婦人科やストレスについてなどは「どこまで話すか」、というのがあります。

更年期についてだけで3回くらいにわけて話たいけれど、通ってくださる方には負担かもしれないし、五臓が理解できてない人には難しすぎて、結果、無駄な時間になってしまう可能性もありますから。

よって、いろんな参加者がいるクラスでは、症状および症状に対しての食材・生薬の選び方を中心にします。

メカニズムについては、中級や基礎クラスで話します。

それにしても、やることがありすぎて、朝起きた時点から動悸がする・・。

ある程度めどがつくと落ち着くのだから、めどをつける以外に解決はないと思うのだけれど・・。




9月7日 パタポン__

怒涛の日々で、たまにワインを飲み忘れることもある今日この頃です(義務じゃないけれどね)

普段は日本のワインを飲むのですが、たまにはよその国も飲みます。

写真は「パタポン」。ロワールの自然派ワインです。これが美味しいのです。

ちょっとふざけたエチケットですし、コルクも同じ絵でしょ、さらにおなじ絵の缶バッジもついてくるのです。

複雑な香りがしますが、とても飲みやすくしかし水っぽさとは無縁で非常に美味しいワインです。

これを買ったお店の人と携帯メールのやり取りをしていたら、なんと!

つい先日パタポンを作っていた人が突然トラクター事故で亡くなってしまったそうです。

最後のパタポンになったなんて・・・飲んじゃったよう。。。

インポーターにも在庫がないそうですから、ネットで見つけたら興味のある方はぜひ飲んでみてくださいね。

9月5日に表参道にあります「リストランテケン・ベンティクワトロ」にてチーズ薬膳のイベントをしました。

今回のイベントでは、チーズの紹介やチーズの話もあり、またチーズ輸入商社チェスコの大塚会長の講演などもありましたので、「なぜチーズなのか、薬膳とは何?」といった私の話はほぼ控えさせていただきました。

2時間という限られた時間ですし、沢山の種類のチーズや料理を楽しんで頂くのがイベントの目的ですからね。

まずは8種類のチーズをお皿に盛り付けてP9050571.jpg
それぞれのチーズの説明を聞きながら食べて頂きました。

その後、13種類のチーズを使った薬膳料理をビュッフェ形式で召し上がっていただきました。

P9050590.jpg

私の作る薬膳料理は、生クリームやバターを使わないですし、調味料も塩・こしょう・しょうゆ・酢・レモンなどを中心に作ります。そのため、料理にコクを出したい時はチーズを使います。

白カビ・青カビ・フレッシュ・ウオッシュ・羊・山羊・牛・国いろーんな種類のチーズがありますから、料理に合わせてチーズを選ぶのも楽しいものです。

10月からチーズとワインとおもてなし薬膳という講座を始めますが、ここではしっかりとチーズの話も詳しくします。

イベントは参加して下さる皆様がいてこそ開催できます。

今回も沢山の方に参加して頂き、本当に感謝です。

毎回反省も多々あり、私個人で改善できることは簡単に改善が出来ますが(準備などね)それ以外は毎回、何らかの新しい反省点が出てきます。

今回もサラダをもっと食べたかったという意見を頂きました。

サラダは半分残してあって、2回目を出す予定でしたが、ビュッフェ台に余っていたので出す必要がないのかと思ってしまいました。

いえいえ違いますと。

「料理の残りが少ないと取りにくい。遠慮した」という意見もありました。

またお水はセルフで飲めるように用意しておけばよかったな、とも思いました。

気が回らない自分にちょっと落ち込みます。⇒脾気虚だからね、落ち込むの。瞬時に立ち直るのだけれど(苦笑)

イベントは気力体力を消耗するので(今回はチェスコの方が協力的でとっても助かりました)また数ヵ月後に開催したいと思います。

今度のイベントは、コラボするのが生ハムかワインかなー。

うーん、楽しみです。

今回の反省点を生かして次回はもっと居心地のいい、時間にしたいと思います。

次回もまたぜひ、いらして下さると嬉しいです。

明日は、中級クラスの講座です。

老化について総復習するクラスです♪

気をつけていらして下さいね。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。