プロフィール

瀧本靖子

Author:瀧本靖子
国際中医師、中医薬膳師、国際薬膳師、管理栄養士、フードコーディネーター、ソムリエ協会認定ワインエキスパート。

東京の三軒茶屋教室を中心に、横浜・青葉台で薬膳教室心味を主催しています。
薬膳料理の「基本の“き”」を習得したい初心者から、薬膳を家族の健康管理に役立てたい方、体質や症状に合わせ「自分カスタマイズ」の薬膳をマスターしたい上級者、資格取得を目指す方まで、多彩なコースをご用意しております。
東京都内、神奈川県内を始め、全国のカルチャーセンターなどでも講座を持っています。
詳しくは薬膳教室心味のホームページをご参照ください。


最近の記事


ブログ内検索


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

確認とお願い

スカイツリー__
スカイツリー。

さて、薬膳教室へ通ってくださる皆様へ確認とお願い事項です。

レッスンのキャンセルは3日前までにお願いしております。
初回のレッスン時に地図とともにその旨を記載している紙をお渡ししています。

例えば、金曜日のレッスンの場合、1日前が木曜日、2日前が水曜日、3日前は火曜日になります。
火曜日までにキャンセルの連絡をいただけない場合は、全額お支払いをして頂きます。

材料の準備の関係と、講座の開催有無、またキャンセル待ちなどの都合で3日前とさせていただいております。

過去色々と模索しましたが、ケースバイケースで考えているとキリがないので、一律3日前としておりますのでどうぞご理解をお願いいたします。

また、ご都合が悪くなられた場合は、出来るだけ早く連絡をいただけるととても助かります。

非常に誠実に対応してくださる生徒さんがほとんどですが、念のために確認です。

スポンサーサイト

醸造所

説明する小林さん__
四恩ワイナリーで作業をした後に、醸造所で説明をして頂きました。

実際に、樽からワインを飲ませていただき、樽ごとの味わいや色の違いなどを比較して楽しみました。

小林さんが作られるワインは、食事を楽しめるワインを造っていられるそう。

食事と楽しむワイン。。家庭で楽しむワイン。テーブルワイン。

「おうちで薬膳料理とワイン」って事で、私は勝手にとっても共感しました。

あまり、相容れないのが、「ワインが好きで、ワインだけで楽しみたい・・」
って人。食事に興味がない時点で、私とは接点がないのだけれどね。

エキサイティングで満たされた週末でした。

今回のように2連休を取れることは奇跡なんだけれど、無理にでも休んでみるのは必要だな・・と思います。


ワインと楽しむ薬膳講座では、四恩のワインも(手に入れば)お出ししますね♪

四恩ワイナリー

作業をする私__
土日で、山梨県にあります四恩ワイナリーにブドウ作業に行きました。
写真の作業はぶどうの房に袋がけをして、その上に更に傘をかけています。
この傘はぶどうの日焼けを防ぐ目的だそう。

これだけの手間がかかるのだから、ブドウやワインが高いのは納得ですし、味わって食べなくては勿体無いと再認識しました。

美味しいワインが出来る気象条件として、気温が高すぎない、雨が少ない、朝晩の寒暖差が大きいというのがあります。特に大事なのが寒暖差です。

実際に私が滞在した土日は、日中は猛暑でしたが夜は寒く朝も18度くらいでしたから、東京では考えられない寒暖差ですよね。

そのような気象条件をクリアした出来のいいワインが作られたのが2009年。
今年も良いのでは?というお話などを、醸造責任者の小林剛士さんから聞きながら作業をしました。

翌日は作業の後、醸造所を見せてもらいました。

ぶどう作業 __

金銀花茶 720__

朝起きたら、まぶたを中心に赤いじんましん?かぶれ?の発疹が出ていました。

翌日、顔中に発疹が広がって洗顔をしたり、顔を触るとひりひりします。

ストレス?疲れ?いや、特売で購入したわさび味のスナック菓子が当たった・・・。普段スナック菓子を食べる習慣がなく、胃腸がびっくりしたのかなぁ?

顔!ですから、まずいなーと思って久しぶりに「金銀花」をお茶にしました。

菊花もあればなお良かったですが、手持ちがなかったので、金銀花のみです。

お茶を飲んだ翌日、あまり良くならなかったので、「板藍根」をこれまた久しぶりに煎じました。

甘くて、香ばしくて、とうもろこしの髭茶のような味がする板藍根茶です。

板藍根のほうが効果があったようです。

飲んだその日にまぶたの発疹は完全に消えて、顔の発疹も減りかゆみもなくなりました。

板藍根は秋冬にインフルエンザ対策でよく使いましたが、冷凍庫に保存しておくと、いざという時に便利です。

また、菊花・金銀花も、風邪や花粉でよく使いましたが、これまた保存しておくと便利です。

食事でも、大根や緑豆を多めに取って解毒解毒解毒♪

皆様も、胃腸が弱りやすい夏は、抵抗力が落ちますから気をつけましょうね♪


もえぎのケアプラ__

横浜市青葉区もえぎ野にあります、もえぎ野地域ケアプラザにて「アンチエイジング!老化しない夏の薬膳」
を開催しました。

ケアプラザとは、地域の高齢者が集う場所ですが、さすが長寿エリアの青葉区です。
皆様若々しく、男女ともにきれいで意識の高い方にご参加して頂きました。

高温多湿な今年の夏を熱中症にならずにすごすためには、例年以上に「食事」「生活」が大切になります。

夏野菜や、果物、雑穀や豆類、そば、などを積極的に食べて体をクールダウンさせ水分補給をしましょうね。

素晴らしい友人♪

0715 シャンパン__
ジメジメと暑いと、やっぱりさっぱりすっきりする飲み物が飲みたくなりますね。

まずはビールで・・という人が増えている最中、私はこの夏まだビールに手を出さずに過ごしています。

泡繋がりで、写真はちょっと前に飲んだシャンパン。
とっても美味しかった♪

そして先日飲んだボランジェはすっごく美味しかった。
シャンパンならば、今のところボランジェが一番好きですね。

そして、ボランジェの次に飲んだオーストリアのピノグリージョという品種のワインが、バランスがよくて、飲みやすくて、どんな料理にも合いそうで素晴らしかったのです。

ただ、エチケットに動物が描いてある事と、品種、国しか覚えておらずこれだけの情報では同じワインを探してゲットするのは難しいかなーと思っていました。

だめもとで、オーストリアワインに詳しい友人に聞いたところ、ずばっと教えてくれました。

素晴らしい!!

早速注文して、来週のお届けです♪

またワインが届いたら、可愛いエチケットのワインの写真を紹介しますね。

コンラッドベア__
薬膳とはあまり関係のない話です
ですので、薬膳について知りたい人、講座に興味がある方は読まれてもがっかりするかもしれませんよー。

私の講座では生薬も色々と使います。

それが元で、今日はとても残念な、いやな、悲しい気持ちになりました。

私は、薬膳でとても健康になり、心も体も救われました。

西洋医学でも、漢方でも治らなかった事が薬膳で治り、そこから人生が楽しくなりました。

心身が健康であることが、これほど生きるうえで大切なんだと強く感じましたし、精神にも食事が大きく関わることもその経験から知る事が出来ました。

だからこそ、心の病や何となくの不調に悩まされている人に薬膳の素晴らしさや効果を知ってもらい、
楽しく健康に人生を謳歌して欲しいなと思っています。

そして薬膳を広めることを使命だと信じて生きています。

本格的に薬膳を学ぶ人の多くは、薬膳を広めたい、薬膳の素晴らしさで心身の健康を取り戻す人を増やしたい、そういう思いで学んでいるのだと思っていました。

でも、そうではなかった。

私が甘いのだろうし、皆が私の事を好きなわけではなく、私を嫌いな人も足を引っ張りたい人もいるんだー。。ってちょっとショック。

もしこのブログを読んで心当たりがある人がいれば、もう私の前に現れないで欲しいな。

ただ一つ感謝することがある。

仕事のやり方や、考え方を一段階上げるようにする。

同じ問題でイヤな思いをしないよう、対処することに決めた。

負けてたまるかぁ。。。。


薬酒__
8月のサンデースペシャルは「薬酒を造ろう!」です。

その講座では、生徒さんに5種類の薬酒を試飲して頂き、味もしくは効能で好みのものを作っていただきます。

作ってから、平均して3週間は漬け込んでから飲みますのでその仕込みです。

思ったより、大変だった・・・・。

効果効能を考えてから、生薬のブレンドレシピを作ります。

最終的には、6種類作りましたが、あと少し増える予定です。

写真の中身が少し茶色ぽいのは、ホワイトリカーではなく果実酒用のブランデー(サントリー)で作ったから。

薬酒のメリットも学べますし、瓶もリカーも材料は全て用意してありますので皆様手ぶらで来てくださいね。

夏ばて防止の薬膳料理でお待ちしております。

※こちらの講座は満席のためキャンセル待ちを受け付けております。
※8月4日のアンチエイジング講座午前のクラスは満席になりました。キャンセル待ちを受け付けております。


痛風_
痛風というと、「プリン体がだめでしょ、ビールがダメでしょ、贅沢病でしょ」というイメージがあると思います。

意外と知らない本当の痛風の原因や食事療法について講座をしました。

痛風は、高尿酸結症の状態が続いた結果、関節で尿酸が結晶化し、激痛がおこる炎症をいいます。

講座では、プリン体とは何?

痛風患者さんがアルコールを控える本当の理由は何?

無酸素運動は尿酸値を高めるリスクがあること、ストレスと痛風の関係についてなどお話をしました。

知れば知るほど、痛風は生活習慣病ですね。



写真は痛風講座のメニューです。

シェンロンイベント 713__
7月13日の水曜日、新宿にありますシェンロントーキョーにて、薬膳とワインセミナーを開催しました。
通常の「セレブリティビューティコース」という私がプロデュースしているコースメニューにワインを合わせて召し上がっていただくイベントでした。

私からは、夏ばてと夏の老化防止薬膳についてセミナーをさせていただき、シェンロンのソムリエ大槻さんはワインのお話をしました。

ワインが6種類とコースメニューでお腹が一杯になるボリュウムで「コストは大丈夫?」と参加者から聞かれるほどでした。

また12月に開催予定ですので、興味のある方ぜひ♪

こんな感じのテーブルです。


シェンロンイベント713 2__


母も脱帽!

お粥 7月 __
しゃがんで作業をしていた時のこと。

母が「背中がきれいになったわね~!。どうしたの」
と。

ちょっと前まで背中の肌荒れが酷くて、病院にいって薬をもらい塗ってみたり、いろんな漢方の先生に診てもらったりしたのですが、まったく微動だにせず良くならなかったのです。

ブログにも書きましたが、自分で生薬をブレンドしたらたった3日で背中中に出来てていた赤いぶつぶつが消えて、その後もコンスタントに飲み続けたらいまではすっかりキレイに。

勿論、まだ水疱瘡の跡みたいに、少しは残っていますが、ものすごーい速さでぐんぐん肌がきれいになっています。

母が「脱帽だわ~。」と(おもしろい母なんです)

同じような悩みをお持ちの生徒さんがいましたら、ぜひテーマと関係なくてもお声かけて下さいね。

一緒に治しましょう!!!!

デラウエア アロマティコ__

日本のワインって、味の華奢さと香りの強さのバランスが微妙で、難しいものもある。

そのことを強く感じ、勉強になった一本。

さてさて!

ちょいと前の事ですが、深大寺へ行きました。

観光スポットですし、開運?スポットでもありますね。

私はお守りではなく、可愛らしいだるまを購入しました。

このだるま、すごいんです!願いが叶う!

色によって叶えたい願いが異なり、自分の叶えたいだるまの色を購入します。

今までのパワースポットの中で、ダントツな叶願率です!


ワイン試作7月__
試作をしました。

ちょっと先になりますが、9月4日のサンデースペシャル講座は、「ワインと楽しむ薬膳料理」です。

9月のテーマは、「夏の暑さと汗で乾燥した肌に潤いを与えて生き返らせよう!」です。

汗で潤いが失われ、カサカサになった肌。
紫外線でボロボロになった肌。
シミ・そばかすが出来てしまった肌。
皮脂と古い角質でゴワゴワになった肌。

これは夏の終わりによく見られる肌の症状ですし、女性誌でも夏の終わりに必ず特集が組まれますね。

これらの症状を改善し、肌の潤いを取り戻しふっくらもちもちにする、薬膳の知恵を伝授します。

思わずチカラが入るテーマですから、私の渾身の講座を聞きたい方、そのあと気持ちいい~ワインを薬膳料理と食べたい方はぜひ、ご参加くださいね。

すでに、予約も入っておりますので、興味のある方はお早めに♪

レシピもほぼ決まりましたので、またブログでご案内させて頂きます。


ディズニーパレード__
かわいかったよ~!ドナルド!

毎日暑いですね、汗と一緒に大切な「気」が流れ出ますから、やる気、元気、動く力が失われる季節です。

「夏こそ、補気!」を実行して夏ばてを防ぎましょう♪

「元気と若さ、美しさを一挙に手に入れましょう。アンチエイジング講座」
第1回が終わりました。

普段の基礎クラスへ通われている生徒さんも参加してくださり、「この講座いい。分かりやすくまとまってる」とお褒めの言葉を下さいました。ありがとうございます。

嬉しい限りです。

楽しく、分かりやすく、腑に落ちやすく、実行しやすい「美・エイジング薬膳(YAKUZENNにしようかしら)」
をモットーにしております。

来月も、お楽しみに!

※午前クラスは来月の講座も満席になっております。
キャンセル待ちを受け付けております。
※午前・夜どちらのクラスも残席1人です
あわび__
最近少し痩せたし、肌のしわが減った気がする。

ある程度継続して生薬を飲み続けているからですね。

「たくさん食べるのに、食べても太らないんだね」とよく言われますが食べたら太ります。

食べ過ぎたら、消化する生薬を飲む、脾の働きが低下したら健脾の食事にする。

日々の調整が大切です。

アンチエイジングの講座は、健康と若さと美しさを一挙に手に入れる方法を勉強する講座です。

ワケあって今回が最後の開催なので、ぜひご参加ください。


午前のクラスはキャンセル待ちを受け付けており、夜のクラスは1~2席あいております。




お粥 703__
「夏ばて解消・薬膳お粥スペシャル」を開催しました。

夏ばてのメカニズム、解消法を学びつつ、食べたお粥がコチラ。

●アワビの肝かゆ・・刺身用のアワビの肝を裏ごして軽くごま油で炒めて、作ります。最後にアワビの身を2個スラ イスして土鍋に入れます。
●黒米・山芋・クコなどのお粥・・軽く米と黒ゴマをミキサーにかけてから作ります。塩味バージョンよりもてん さい糖を使った甘いデザート風のお粥が人気でした。
●はとむぎ・粟・そばの実などのお粥・・お米が入らなくてもスープのように美味しいお粥ができます。


その他、ホタテのカレーソース、豚肉とナッツの炒め物

などを作りました。

次回のサンデースペシャルは8月7日13時30~「手作りの薬酒を造ろう!」です。


薬酒を造ろう

ご自分でお好きな薬酒を造っていただきます。

また、召し上がっていただくメニューは
●丸鶏の薬膳サムゲタン風
丸ごとの鶏に詰め物をするデモンストレーションを見ていただき、召し上がれます。

●薬膳・夏の水餃子3種類
夏ばて防止の水餃子を3種類用意します。ええっ!こんな餃子があるの!と思っていただくこと間違いないと思います。

※この講座はすでに満席になりました。キャンセル待ちを受け付けております。





タンタローバ2__
7月になりましたね。7月なら、気温が高いのも納得できますね♪

さて、「薬膳のいろは」1日クラスがありました。

ここでは、薬膳ってどういうもの?というのを中心にお話をしています。

健康と美しさ、若さを一挙に手に入れられる、ここも薬膳のすごいところですし、心の健康と体の健康も両方手に入れられる、これも薬膳のすごいところです!!!!
一般的にまだ薬膳について疑問なこともあると思います。

例えば、漢方みたいな特殊なものを使うのか、調味料も特殊なのか、料理は中華?粗食?難しい?などなどなど。。

料理は、30分で4品作りますからとても手軽で簡単です。

調味料も、塩、こしょう、しょうゆ、酒・・がほぼメインです。

生薬も使いますが、心配無用です。使いこなせるようになります。

また、理論は簡単とはいえないけれど、自分や家族に関わる心身の事ですから、難しいけれどとても楽しいと思います。

次回は8月5日(金曜)に開催します。

暑いさなかですが、沢山の方のご参加をお待ちしております。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。