プロフィール

瀧本靖子

Author:瀧本靖子
国際中医師、中医薬膳師、国際薬膳師、管理栄養士、フードコーディネーター、ソムリエ協会認定ワインエキスパート。

東京の三軒茶屋教室を中心に、横浜・青葉台で薬膳教室心味を主催しています。
薬膳料理の「基本の“き”」を習得したい初心者から、薬膳を家族の健康管理に役立てたい方、体質や症状に合わせ「自分カスタマイズ」の薬膳をマスターしたい上級者、資格取得を目指す方まで、多彩なコースをご用意しております。
東京都内、神奈川県内を始め、全国のカルチャーセンターなどでも講座を持っています。
詳しくは薬膳教室心味のホームページをご参照ください。


最近の記事


ブログ内検索


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝♪5周年


無事に5周年を迎えることが出来ました。

私が薬膳を仕事にした6年前は、まだまだ「薬膳」というものが今ほど浸透していなかったと思います

自分が薬膳を仕事にして、興味を持っているから特に感じるのかもしれませんが、世の中にこの5年間で薬膳はずいぶんと浸透したのではないかと思います

5周年を迎えたあたりの日々、自分自身の時間の使い方を考え直して、もっともっと仕事に磨きをかけていこうと思う時間を過ごしました

薬膳のプロとして、食事の大切さ、健康と食事が驚くほどの関係があることをもっと沢山の人に伝えられるように 精進したいと思いました

美味しいシャンパンとワインでお祝い。

きめの細かい泡が口中にしゅわしゅわして何とも甘く美味しいシャンパンと はちみつ色に輝く、まろやかなワインを飲みながら 5周年は終了♪

継続することに必要な意思や忍耐

続けることの難しさ。

仕事は沢山の事を私に教えてくれ、成長させてくれます

10周年目指して 頑張りましょう



スポンサーサイト

シャブリの石



コチラの石、フランスのシャブリ地区のワイン畑の石です。

本当にこんなにごつごつした石で畑が出来てるんだー!

手のひらにぴったり乗るくらいの大きさの綺麗な石です

とってもステキな方から頂いた、フランスのブルゴーニュからのお土産です。
他にも色々といただきましたが、これが一番気にいっちゃった♪

「この石はペーパーウエイトには使えるよ」

一度行ってみたいな、ワインの畑。

その方いわく、行ってみると 沢山の発見があるとのこと。

そりゃあそうだよね

百聞は一見にしかず、何事にも言えますねー

明日の教室は始めて参加される方が数名いらっしゃいます

百聞は一見にしかず、心配しないでいらしてくださいね^^

お待ちしております




今週からスタート

今週から、読売文化センター横浜、実践女子大学などのカルチャー薬膳講座2010年前期が始まりました

だんだん参加してくださる人数も増えてきて、実践は大きな教室に満席です
発声を習わないと、声がかれる・・
(喉が弱いのに普段から大きな声で 喋ってるからね)

薬膳が広がりつつあるのを 感じてとても嬉しいです

今週と来週は 薬膳講座、薬膳レストランで沢山の方とお会い出来るので、とても楽しみにしております

寒暖の差が激しいですが、体調を崩されませんように。




心の澱


この写真はサフランのお花です。
教室へ通ってくださる生徒さんが育てているサフランで、写真を送って下さいました。

写真を送ってくれた彼女は、常に適切に明るく、ニコニコして、優しくて 穏やかで 、どうしてこんなに気持ちが落ち着いてるんだろう。優しいのだろう。と私は感じていました

彼女の写真とメールには、土に触れ、植物を育てていると、日常生活で溜まった心の澱が溶けていく・・という事が書いてありました

とてもステキな女性で、心や精神の美しさが外見にもにじみでています

こうなりたいと、憧れますね

大人になって 沢山の経験を積んで、挫折や傷つくことが出てくると、強くなることも、装うことも 出来るようになりますが、それよりも、もっと 優しく、安定した気持ちで生きることが出来るようになりたいと思う今日この頃です


私の事をよく理解している人たちは このブログから色々な私の精神状態が分かるようですが(苦笑)

いま、仕事の締め切りがせまっているから。。かな?

分からないけれど、うんと 沢山の自然に触れたい、そう とても強く 強く望んでます

写真で、癒されました

ですから、皆様も、この写真で癒されますように・・







先週も充実した薬膳ライフが過ごせました。

木曜日に来てくださっている生徒さんから、ご家族の健康回復に関する嬉しいお話が聞けたことがとても幸せでした。


そして、初回を無事に迎えられた「おもてなし薬膳とワイン」の講座・・
本格的に学校で中医学を学んでいる方々に薬膳のお話をしながら、ワインも語る・・
私自身とても楽しく講座が出来ました。


興味のある方、次回は5月15日ですよ!

土曜日、そして 日曜日は 笑いすぎて涙が止まらないくらい 面白く盛り上がる生徒さんが多くて、腹筋が疲れましたねえ。。

私は薬膳は愛情だと思います。

症状や体質の分析が出来て、適した食事が作れるのは相手を知っているから。

愛情と信頼関係があるから、自分の体調についても話せると思うし・・

全ての生徒さんを愛してるので、もっと頼って下さいね

分からない事があれば 私の先生方に確認して 後日 お伝えしますからね


今週も薬膳とワインのある生活を楽しみましょう


色々な仕事や人との出会いで考えることが沢山、たくさーんある。
もともと、頭でごちゃごちゃごちゃごちゃと考えるタイプで、余りに頭で考えるので たまに 脳みそが疲労しますね

さて、私が作る薬膳料理とは?
生徒さんはご存知だと思いますが、とにかく、早く簡単に 調味料の数も少なく 作れる料理です

手の込んだ、時間も手間も掛かる料理を作る人に憧れるし、そうなりたいと思う。理想は見た目も綺麗なおもてなし料理です。しかし、日々の食事で1日3食、食べるわけで、それほど時間も手間もかけられない

日常でやることは山のようにある。けれど、手作りの食事が食べたい。
そして、手際よく、洗物も最小限に、おいしく 健康にと考えると 今の形になるんだな。

今でも美味しいと思うし、そんなに手抜きってわけではないと思う(自分ではね)
それに、効率よくって考えて行動するのが大好きなんですね

理想を持ちながら、現在の自分に適した、快適な、そして出来ることを心味で作っていきたいと思います

勿論、全ての料理には 薬膳の理論が入っております

簡単に 短時間で 薬膳料理が作れるようになりたい方、ぜひ 薬膳教室にいらして下さいね

おまちしてます♪




こちらの写真は三軒茶屋の駅前にあるお店のガレット。

名前が「ハムレット」と言います♪

ハムが乗っているガレットだから、ハムレット。
シェイクスピアの本のタイトルじゃん^^

ソラマメやいんげんが乗っているガレットは「マメレット」

出てくる料理に、想像に難くない名前であり、想像を裏切らないボリュウムと見た目。そして味

とても大事なことだと思いました
難しすぎても、複雑すぎても???だけれど、想像ができて、ちょっと嬉しい方向に裏切る・・
この微妙なさじ加減が重要だと感じました

いつも、「大根と昆布の煮物」みたいな料理名?タイトルをつけてしまうけれど、余裕が出来たら少しネーミングにも凝ってみるのもいいかもしれないですね




今日から4月ですね。
明日は 「薬膳とは?1日クラス」があります。
毎月沢山の方に参加して頂き、ありがとうございます。少しでも、気持ちが伝わればいいなと思っています

講座やイベントでは 限られた時間でテーマに沿った講義をして料理を作りますから、あまり余談はできません。

私は自分の気持ちや考えをコトバで伝えるのが、あまり得意ではないのですが今日はちょっと長めに薬膳について書きます

大学を卒業して 病院に勤務し、その後 老人ホームに勤務をしました。
その時に、病院や法人ホームにおける、「食事」の位置づけの低さにとても驚きました

今でも、病気になれば薬を飲めばいいんでしょ、手術すればいいんでしょ、食べたいものを規制されたくない・・という考えの方もいると思います

しかし、食事を見直すだけで、体調管理をすることが出来、心身が健康に、気力体力が充実した日々を送ることが出来ます

私自身が、体調を崩し、3ヶ月入院をしたにも関わらず、全く心身の不調が改善されなくて、西洋医学の限界を感じました
その後、漢方を勧められて飲んだものの、自身の体力が余りにも不足をしていたので 漢方も効き目を発揮しませんでした

そうして、たどり着いたのが薬膳でした。

自分で食事を作り、徐々に、徐々に不調な日数が減っていき、今では 完全に健康、幸せな毎日が送れています。

おそらく、5年は掛かりましたし、その間に多くの人に助けられて 大げさではなく 多くの人の支えのおかげで生命が繋がったと思っています

薬膳でこれだけ心身が健康で満たされている生活が送れるようになった
だからこそ、何となく体調が悪い、病院で検査をしても何も分からない、いわゆる未病のような感じで悩んでいる方や、もっと気力が充実したい、そんな方に薬膳を知って欲しい、生活に取り入れて欲しい、健康を取り戻して欲しい。

現在は、食事や食材が持つパワーというものが、かなり普及してきたと思いますが、もっと多くの人に知って欲しい。

薬膳料理とはどんな物か?美味しくないのでは?
簡単に生活に取り入れられるものか?お酒は飲んだらいけないのでは??

色々な疑問があると思います

「百聞は一見にしかず」です。食べて体感して欲しい!!!と思います

イベントでも、1日クラスでも、薬膳を召し上がっていただける機会が沢山あればいいな、と常々考えています

ワインと合わせる薬膳料理を始めたのも、勿論 私がワインが大好き、ということもありますが、更に 美味しく幸せに料理を食べて欲しいという気持ちからであり、もっと薬膳を普及できる、それがワインと合わせる事で可能になると思ったからです

今は健康で 興味がなくても、ちょっと体調不良を感じた時にでも、「あー、そういえば薬膳もあったな」と思い出せる、頭の片隅にでも置いていて欲しいなと思います

食事で、心身が回復する、元気になる。
自分が経験したからこそ、体調不良で悩んでいる人や、もっと充実した日々を送りたい人に 知って欲しいと思う

まだまだ、経験不足だし、人生これからだろうなと思いますが、
それでも、心身が辛くて、苦しい日々を送ったからこそ、食事を見直すことで心身を改善する、食事にはそれだけのパワーがある、それらを伝えられる事が私にはある、と信じています。
自信のメンテナンス、それだけに留まらず、大切な家族や友人知人への愛情のこもった、心のこもった料理がどれだけのエネルギーを持っているか、感じて貰えたらいいなと思っています


(もっと苦しい人がいますし、西洋医学が必要なケースも勿論あります)

毎年、新しいことを一つする。これが私の仕事のルールでした
5周年、そして6年目は このルールを少し変更です。

今年度は、今までやってきた事に、心と魂を込めなおす。
キャパオーバーだったり、疲れが溜まったりで 心が込めきれない仕事・・そういうのをなくす。

今まで、少々 自己防衛本能が強い傾向にありました。
これは、体調不良だった頃に身に着けた自己防衛法でした。
完全に心身が健康な今なら、多くの事に、逃げずに向き合っていける。

気持ちも新たにリセットです。

4月8日から通常のレッスンです♪
5周年の記念プレゼントを用意して お待ちしています

日々、講座に通ってくださる皆様に 支えられて 迎えられる5周年です

ありがとうございます♪
心から感謝しています










Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。