プロフィール

瀧本靖子

Author:瀧本靖子
国際中医師、中医薬膳師、国際薬膳師、管理栄養士、フードコーディネーター、ソムリエ協会認定ワインエキスパート。

東京の三軒茶屋教室を中心に、横浜・青葉台で薬膳教室心味を主催しています。
薬膳料理の「基本の“き”」を習得したい初心者から、薬膳を家族の健康管理に役立てたい方、体質や症状に合わせ「自分カスタマイズ」の薬膳をマスターしたい上級者、資格取得を目指す方まで、多彩なコースをご用意しております。
東京都内、神奈川県内を始め、全国のカルチャーセンターなどでも講座を持っています。
詳しくは薬膳教室心味のホームページをご参照ください。


最近の記事


ブログ内検索


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自叙伝?!第一章


今日は寒かったですね。午前中は雪が降っていましたし、その後も雨が冷たかったです。
しかし、この寒い日でも、靴下も履かずに家の中では裸足で過ごしています。

大学生の頃は、冷えで膝が痛くなり耐えれずに早退をしていましたから、あの頃の私を知っている友人は、その変化に驚いています。

私は幼少の頃から、ひどいアレルギーがあり、体が弱く、膝がしょっちゅう痛くなり、胃薬を常に持ち歩き、頭痛が起こらない日が珍しいという状態でした。

しかし、胃は痛くなるもの、頭痛も常に起こるもの、生理痛がひどくて倒れても、そういうものだと思っていました。

そんな不健康な高校生の頃、宝塚歌劇団の舞台を見に連れていってもらう機会がありました。

華やかな衣装や歌や踊りに魅了されていき、さらに「グランドホテル」というミュージカルを見て
「宝塚に入る」と決めました。

舞台のパンフレットや、宝塚関連の本には沢山の「宝塚受験スクール」が載っており、見学に行くと、どこへ行っても、「とにかく痩せなさい」といわれました。
そこで、カロリー計算をして食事をする・・ことを始めました。
これが、栄養学って面白いと思う最初のきっかけになりました!
スポンサーサイト
今月に入り、4人目のご相談でした。

「本格的に中医学や薬膳を勉強したいのですが、どこの学校がいいと思いますか?」
今日の薬膳教室が終わってからのご質問です。
2月だけで、4人目の質問です。

学校の選択は個性や相性があるので、私の意見は述べますが、最終的にはご自信で判断されるしかないですね。

薬膳に興味を持って、心味の薬膳教室に通ってくださり、更に上を目指す・・。

とてもとても嬉しいことです。

私が薬膳や中医学を勉強していて、一番の壁は
「複雑で難解な中医学を学問としてではなく、生活レベルに落とし込む方法が分からない事」
でした。
自分の生活に取り入れる方法が分かってからは、人に伝えるのが次なる壁でした。

例えば、風邪をひいたら葛根湯、生姜、ネギ・・・を食べましょう。
これなら楽ですし、説明するのも簡単です。

しかし、これは正しくはありません。
風邪のタイプによって、選択するべき食材が異なります。
いつでも、風邪なら生姜が良いわけではありません。
このあたりを説明する事、小難しく難解にではなく、誰にでも理解できるように
「生活の中でイメージしやすく説明すること」
これがとても難しいことでした。

試行錯誤し、現在に至ります。

しかし、これから難解な中医学を勉強しようと思っている生徒さん達と、いずれ薬膳で仕事が出来たら嬉しいな、と思う今日この頃です。

もちろん、アドバンスコースに参加してくださる方とも、一緒にさらに上を目指したいと思っています。
アドバンスコースもどのように進めていくか、今日も打ち合わせをしてきました!

さてさて今日は、とっても甘ったるいべりー系の香水を購入しました。

今までは、シャープでセクシーな香りが好きで(苦笑)フローラル系や、甘ったるい系は使ったことがありませんでした。

ワインの勉強を始めたからでしょうか?
赤ワインのテイスティングで「べりー系」とい言葉をよく聞くようになったからでしょうか?

人生初の甘ったるいべりー系の香りです。

これで少しは、我が家の香りも変わることでしょう。
漢方の香りがする、家の外まで漢方の香りがすると言われてしまった我が家(泣)

女性らしい香りのする家に変えていきたいです!

明日から、「私が国際中医師になった理由、薬膳を勉強するきっかけ」について少しずつブログに書いていきますね。

では、おやすみなさい


休息

長々と書きます。

さっき、釈由美子が出ているドラマをチラッと見ました(ほぼ結末だった)
それを見て、私も、誰かに、抱きしめられたいと思いましたねぇ・・。

あ~ぁぁ、弱っている(苦笑)

肉体疲労でも、精神疲労でも積極的に休息を取る事は大切なことです
分かっちゃいるけど、そうもいかない・・・。多くの人が経験していることだと思います。

私も疲れているなと感じます。
例えば、電車に乗っていて荷物がいつも以上に重く感じる(疲れている時に限って、荷物が多くなる気もする)ラッシュにイライラする、気持ちが持ち上がらない、などです。
自分の事は自分が一番よく分かるので、疲れている現実を感じます。

肉体疲労は、自覚できますが、精神疲労は、様々なことが、小さなストレスとして重なっていると推測できます。

昨日ある会社で、副社長とメニューの打ち合わせをした際に、ご好意で社長に会わせて頂きました。
現在私が企画しているモノを、いずれ提出するのはこの社長にです。
いい機会だからと会わせて下さいました。

この若い社長ですが、愛想笑いもされず、会話も弾まず、「手ごわいねぇ・・」と思いました。
ですが、この方に堂々と企画を説明できるべく、そこまで企画書をブラッシュアップして、説明も出来るように仕上げれば、とても勉強になり、いい経験になるなとも思いました。
これは、適度よりは、少し強めのストレスだと思います。

そして今日は、読売文化センターでの講座が二つあったのですが、4月からも薬膳の講座を継続するか、非継続するかのアンケートを取るのが2月です。

まだ3月の講座があるのに、「非継続」に印をつけるのは生徒さんには負担ではないかと心配になります。

私は、非継続でも気にならないですが(この仕事を始めたばかりの頃は気になっていましたよ)
それでもやはり
「薬膳を生活に取り入れると健康管理にとても役立つし、自分で自分や家族の体調を管理できる楽しみがある。」
これを伝え切れなかった事に、ふがいなさを感じます。

ふがいなさを払拭し、薬膳で伝えたいことを伝えられるようになる為に
「今後どのように改善していくべきか」
を考えます。

錦糸町センターに関しては、改善点が見つかりました。
これを実行します。

改善点が見つかっても、やはり半期に一度のストレスを感じるのが今月です。

半期に一度、私は講師としてきちんとした訓練を受けていないので、今の教え方では行き詰るかなとも感じます。

そして、今日は、アナウンサーのように訓練された話し方、物事の伝え方、要点を引きつけて話す話術、聞き取りやすい日本語の使い方・・、これらを学び新境地を掴みたいとも思いました。
このように感じたのは、今日が初めてです。

今までは、「自分の個性」で教えたいと思っていたからです。

このようなことをごちゃごちゃと考える・・。
これも、少し強めのストレス。

「ストレス」と捉える時点で、自分に甘いのでしょうね。

精神疲労の原因が判明したところで、問題と向き合わなくてはいけません。
向き合うのに勇気がいることではなかったので、ほっとしました。

解決まで80%たどり着いたと思います。
よかった!










メタボ

本日は、「メタボ講座第2弾、体重を減らす」を行っておりました

案の定、喋りすぎて、時間がオーバー・・。
体重を減らすって、いろんな方法があり、いろんな考えがあり、考えるのも、実行するのも楽しいのでついつい話しすぎてしまいました。

私が栄養学に興味を持ったきっかは、ダイエットでした。

高校3年の時に、宝塚音楽学校を受験する為にダイエットで体重を減らす事を初めて試みました。

その時に、栄養学や人体は面白いと思ったのが、管理栄養士になったきっかけでした

今では、「食べても太らない食生活」を実行しておりますが、あの頃は必死でした。。
ですから、痩せることの大変さは身にしみて分かっております。

私自身は、ふっくら体型の男の人が好きだし、比較的ゴツゴツした自分の体より、色が白くてふっくらした女性になりたいと思いますね。

もともと色が黒いから、白くはならないと諦めておりますが・・・。

健康に問題がでるほど太るのはよろしくないと思いますが、メタボだ、ダイエットだと騒ぎ過ぎず、美味しく楽しく、食事とお酒が楽しめるのが一番ではないかと思います。

時間


写真は、左が勝間和代サマの2009年版手帳です。
右は、名刺入れとおそろいで、シャンパンゴールドのお気に入りの私の手帳です。

2月は1、2と休みでしたが、3日~28日までずっとお仕事です。
薬膳のお仕事が大好きですし、気ままな一人暮らしなので不満はないのですが、単に時間を有効利用できてないから休みがないのかもしれない・・。
と考えるようになりました。

ワークライフバランス・・までは考えませんが、もっと有効に時間を使えば、もっと充実した人生になるかも・・と思ったのです。

そこで、愛読しております勝間和代さまの手帳を、2月も終わろうかというこの時期に(苦笑)購入しました!

「時間というリソースから最大の成果を生み出す」
うーん、力強いお言葉です。
この手帳に期待です。

区切りがいいところで、3月から使い始めようと思っておりますが、すでに、3月も2週目以降休みがない・・・・。

うーん・・。
考えるのは、またにして、ひとまず、明日の「メタボリック対策薬膳・・体重を減らす」に向けて、仕込みを始めますか!

明日の講座はダイエットがらみで、私自身気合が入っております。
明日お目にかかれる皆様、喋り過ぎて時間オーバーにならないように気をつけますねっ!

お楽しみにっ!




薬膳パワー

昨日は、朝からくしゃみと鼻水がすごかった。。
水様の鼻水が「つーーー」っと。。止まらない、止まらない(苦笑)

花粉症ですね。

生徒さんにも「先生大丈夫?」と聞かれ、皆さんと一緒に花粉症の対策薬膳茶を飲みました。
昨日は自分自身で危機感を持って(苦笑)しっかりとお茶を飲んだら、講座の最中からぴたっと鼻水が止まりました。
その時は、「講座で緊張してるから、鼻水が止まってるのかな?」と自分でも思っていたのですが、それ以降、昨日も今日もくしゃみも鼻水も、花粉症らしい症状が一切出ません。

おそるべしパワー、薬膳茶!!!!!

再認識しました。

そして、今日はワインの授業がありました。
クラスに花粉症の人はいないようで、みんな問題なく香りや味のテイスティングをしていました。

「もしワインの試験が春だったら、大変な事になるのでは・・???」とくだらないことを考えつつ
今日は赤ワインのテイスティングをしました。

香りのテイスティングで今日学んだこと。

私には「湿布薬の匂い」と感じるモノは、「ミントの香り」とワインでは表現します(笑)

ビール、焼酎、シャンパン、日本酒を家で飲むことが多く、ワインは外食で飲むモノというスタイルだったのですが、これからしばらく、自宅で飲むアルコールをワインに切り替えようかなっ!と思いました

わたし、勉強熱心だなぁぁ。。

なんて・・(笑)

四物湯


久しぶりに、デジカメ復帰!写真が撮れました。

今日は、「ぞくぞく風邪対策薬膳」講座でした。
初めての方が数名いらして、その皆さんがとても個性的で楽しい講座を行うことが出来ました。
ありがとうございました!
新しい出会いに感謝です

さて、写真は生徒さんからお土産で頂いたものです。
ご自宅で、レモンや、クコの実などを栽培されているYさんが持ってきてくださいました。
Yさんのご友人が台湾の方で、その方の台湾土産だそうです。

いわゆる「四物湯(しもつとう)」らしいのですが、さすが台湾。
普通に食材同様に買えるようです。
香港などでも、普通のスーパーなどで「薬膳スープセット」のような形で写真のような生薬が買えるようです。

「医食同源」の次元が違いますね。

明日いらっしゃる生徒さんにお見せしてから、これを使ってサムゲタンでも作ろうかな


花粉症

さて、今日は実践女子大で「花粉症」の薬膳講座でした。

昨日あたりから、花粉が飛んでいるらしいですね。

新聞の情報によると、花粉症になっている人口は4人に1人らしいです。
しかし今日の講座でも半数が花粉症と言っていますし、周りを見ても、2人に1人は花粉症のような気がします。

私も18の時に花粉症を発症してから、ずっと大変でしたが、ここ何年かは大被害にはならず乗り切っています。
(なんと言っても、鼻をかみすぎて肌がぼろぼろになるのがイヤでした。。)

今年も、花粉対策をして乗り切る予定です!

心味の講座では、28日の第4土曜日が花粉症対策薬膳講座です。

ご興味のある方はぜひ、いらしてくださいね

考える日々

昨日は、毎月いらっしゃるKさん家族が「薬膳レストラン心味(ここみと読みます)」に!

帰り際に、「ここに来ることが、毎月一度の家族行事で、家族みんなで楽しみにしておりますので、来月もよろしくお願いいします」と言われた。。

その言葉がお世辞だとしても、社交辞令だとしても、毎月かかさず、4年も来てくれているのは事実です。大人になると、社交辞令などに振り回されることもありますが、事実は事実です。

素直に喜び、嬉しく感じ、冥利につきるなぁぁぁと思いました。

こちらこそ、来月もよろしくお願いします。

さて、今日は読売文化センター横浜で風邪の薬膳でした。
食材、調味料、そして土鍋を持って行ってきました。

横浜へ向かう電車に乗ったのですが、行きは横浜駅で人身事故があり、帰りは蒲田駅で人身事故があり、今日は困りました。。

不況だからでしょうか?
人身事故が多いように思えます。

私自身苦しいことも、辛いことも、沢山あります。

以前、本で読んだ事があります

「赤ちゃんは生まれてくる時になぜ泣いているのか。
生まれた瞬間から苦しいこと、辛いことが始まることを知っているから、生まれたくなくて泣きながら生まれて来る。」

異論のある方もいると思いますが、私は妙に納得しました。

楽しいことも沢山ありますし、幸せなことも沢山あります。
ただし、その連続では「楽しさ、幸せさ」が当たり前になり、気がつかなくなります。
幸せを感じるために苦しいことがあるのではないかと思う事もあります。

私は今年も身の丈に合わないことに挑戦します。

幼少の頃から、身の丈に合わない、分不相応な事に挑戦すると、自分の限界やキャパが広がり、可能性が大きくなると信じてきました。

そんな生き方をしていると、いつも苦しい事が出てきます。

苦しい事すら、楽しめるような人間になれるよう日々精進ですね!

ダイヤが大幅に乱れて、ものすごーーーいラッシュの中でそんな事を考えていました。。

お願いとお知らせ。

「メールで問い合わせをしたけれど、返事が来なくて電話をしました」
という方が最近増えてきました。
原因は分からないのですが、メールは(迷惑メールフォルダ等も全てチェックしています)届いていないようです。
当然の事ですが、届いたメールには必ずお返事をしております。
ご迷惑をおかけしますが、メールの返事が来ない場合は、お電話でお問い合わせをいただけると助かります。
その際に、留守電になる場合もありますが、折り返し電話をかけさせていただきますので、メッセージをお願いいたします。

お知らせです。

2009年4月からのスケジュールをアップしました。
日曜日クラスも始まります。

ご興味のある方はぜひ、サイトの「スケジュール」を見てくださいね。


さてさて、昨日は長時間働き、勉強し睡眠時間が短いまま今朝も、朝から外出!

朝一番は元気だった。物事もスムーズで非常に良かった。
しかし・・・

その次の用事は思いがけず時間がかかり、手間どった。。

極めつけは、今聞きたくない曲、聴いたら思い出したくないことを思い出す曲・・がそこの事務所にかかっていたのです。

その曲を聞いて、「気分悪・・」と思いつつ、その事務所を後にし、一通り作業が終わり、最後に書類だけ受け取りに事務所に戻ったとき、なんと、またしても聞きたくないあの曲がかかっていたのです。

CDのリピートですから、単に私の運が悪かっただけですが、テンションが下がりまくり、気分が落ちまくりました。。

テンションはどん底・・しかし今日の午後はワインの授業がありましたから、どん底のまま学校へ行きました。
そうしたら!!

完璧に手入れの行き届いたステキな先生の姿を見て、面白い授業に引き込まれ、ワインのテイスティングに悩まされているうちに、テンションも気分もめちゃくちゃ上がり、帰りは、とっても元気になっていました。

なんとまあ、上がったり下がったり忙しいなぁと自分で思いつつ、これって大事なことだなとも感じました。

何が大事か?

テンションが簡単に下がるのは、勿論、よろしくないことです。
しかし

「下がったテンションをどれだけ早く上げられるか」これは大事なことです。

体調が悪かったり、疲れていたり、気分が持ち上がらない時、モチベーションが上がらない時、そんな時に自分なりの、気持ちの上げ方を知っておくことは、セルフケアとして、とても大事なことだと思います。
ちなみに、私の場合は、「興味のある事を勉強し、知識を吸収し、次なる目標、未来へ近づいていることを感じる」事が気分の上がる一員のようです。


この一年、様々な種類の学校へ通っておりますが、エネルギーと自信に満ちた、有限実行の素晴らしい女性の先生にめぐり合うことが多く、「教える」を仕事にしている私は、講座の内容以外のことも沢山学びました。(まだ途中だけどね!)

そして、そういう先生の講座からは「気分が上がる」オーラを頂くことに 気がつきました。

落ち込んだり、考えても仕方ないことを悩んだり、そんな時間を過ごすのも、
楽しく沢山のことを吸収する時間を過ごすのも、同じ時間の量であるわけです。

それなら、苦痛より幸せを感じる時間を過ごすことが有意義だと思います。

今まで、周りの大人から(私も十分大人ですが)
「考えても仕方ないことを考えて落ち込むのはくだらない。考えるな。暗くなるな。落ち込んだらつまらない」
と言われ続けてきました。

人から言われてきたことを、自ら認識し、「ああ、こういうことか」と発見した今日でした。

何かの記念日にしようかしら(笑)

サロン

今日は、ぽかぽかと気持ちがいいお天気でしたね

そんな中、初めて「相鉄線」に乗り、希望が丘という駅まで行って来ました。
今年から始める、サロンでのお仕事です。

サロンとは・・設計士の旦那さんが作った芸術的なお宅で、奥様が毎月講師を呼んで、様々な講座を開かれている、という形式のものです。

今日は私が講師として赴き、薬膳教室を行いました。

本日は、ちょっと早いけど、「春の薬膳」を行いました。

とても、教養の高い方ばかりがいらしており、とても和やかなに、楽しく薬膳教室が出来ました。

皆さんと私が同じテーブルで輪になって座る所や、人のキッチンで料理を作ること、お皿も鍋もカトラリーもどんなモノがあるのか分からない状況・・など初めてのことが多かったですが、それでも、雰囲気がいいので安心して終わることが出来ました

次は、4月に行きます。

今から楽しみ!
そして、次はどんな内容を話そうか、どんな薬膳茶を提供しようか、どんな薬膳料理を作ろうか・・考えるだけで、ワクワクするなっつ。。

「薬膳を教える」という仕事でも、様々な形式があり、いらっしゃる人によって求めていること、キャッチすることが違い、自分の勉強になります。

皆さんが質問して下さる事が、私の刺激になり、勉強する意欲に繋がり、薬膳をもっと知ろうとするモチベーションが上がります。

そして、今日のサロンの奥様のようにステキな方に出会い、いろんな話をして頂けると、「出会い」を与えてもらえたことに感謝します。

仕事仕事・・で、失うものも多い、出来ないことも多いけれど、それでも仕事が大好きで薬膳の話をすることが大好き。

好きなことが仕事に出来ていることに感謝し、たゆまず努力をしていきましょう。

学ぶこと

今日は、ランチとディナーを「薬膳レストラン心味」として営業しておりました。

偶然なのですが、ランチに来てくださったのが、Hさん(6人で新年会をしてくださいました!)
ディナーに来てくださったのが、Hさんのお友達で先月Hさんと一緒に来てくださったKさん。
ご家族での再来店となりました。

勿論、ご紹介のお客様しかレストランのご予約はお受けしないのですが、同じ日に重なるのは、珍しいことですね。

Hさんは、とおおおおおおおっても穏やかで、優しくて良い方なんです。
当然のように、お友達も皆さん優しくて、常に笑顔で、ステキな方なんです。
今日のメンバーは私も顔見知りですが、毎回、笑顔が耐えない空間を与えてくれるので、会えると私がとても癒されます。

夜来てくださったKさん。
この方も、優しくて、穏やかで、笑顔が耐えなくて、またご家族皆様が同じ雰囲気で、優しさに包まれている空間でした。

しょっちゅうブログに書いておりますが、教室の生徒さんも、お客様も皆さん優しくて、素晴らしい方。

そして、過労死するくらい働いているフードの先生も、国際中医師の仲間も、貴重な時間を割いて私の質問や相談に乗ってくれます。

この仕事を始めてから、イヤな人に出会うことも、イヤな思いをすることも本当になくて、幸せボケしているのかもしれない。

組織で働いていた頃は、人間関係で悩むこともあった。

そして、思う。

私は、会社や組織での人間関係で悩んでいる人の辛さを理解して、励ますことが出来てないかもしれない。痛みを分かることが出来ない人間になってしまっているかもしれない。

優しくて、素晴らしい方に恵まれているのは、「類が類を呼ぶ」ということもあると思う。
でも、今の私には、「優しい人間から、人に優しくなることを学びなさい。」というお告げで、優しい方に囲まれているのだろうな。

人に優しく・・なんておこがましいことは思わない。
でも、存在すること自体で、優しくあれるようになりたい。
そのためにはどうしたらいいのか、まだ分からない。

でも、お客様や、生徒さんや、いろんな人との出会いで、今日も大事なことを学びました。

ありがとうございました。







写真は、「富士山を見ながら温泉に入ってきた」友人のお土産で、入浴剤です。

ワインと縁がある最近(笑)

さて、この土日は「国際中医師合格仲間」と箱根旅行に行ってきました。
滅多に団体行動をしない私にしては珍しく、参加しました。
(しかし、箱根の入浴剤を購入するのをすっかり忘れてしまいました。。)


旅行中の話題は、「国際中医師の資格を取って、今後どうしたらいいのか?この資格で何が出来るのか?」が一番のテーマになりました。

勿論、このことを考え、情報交換をするのが目的の一つでもある旅行ですから当然です。

国家資格ではありませんし、国際中医師に限らず、世の中に溢れている資格の類を取得し、仕事として活かすのは大変なことだと思います。

ただ、私が感じるに、何事も
「取った、その先に何がありどうしたいのか。」
だと思います。


例えば、仕事で、企画が通ったその先になにがあるのか。
企画を通すことが目的ではないはずである。
その企画が通ることで何がしたいのか、どういうことが出来るのか。ここが大事である。

資格を取ることが目的ではなく、取った先にやりたいことがあるから取る。

やりたいことが出来ることに繋がれば最高だと思う。

知らないことが多くて、未熟な私が思うことなので、反論のある方も多いと思いますが、今現在の私の考え方はこんな感じかな。


ただ、薬膳は体を変えてくれる。
元気にしてくれる。
西洋医学ではどうしようも出来なかった体調を戻してくれたのは、薬膳だったから本当にそう思う。

だから、国際中医師を取得した仲間と、一緒に薬膳を広めたいと思う。
仲間は私よりずっと年上で人生経験豊富な方ばかり。
きっと広まると信じてる。


何はともあれ、温泉はいいね。
「美肌の湯」に2回入ってきました!

また行きたいな~











Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。