プロフィール

瀧本靖子

Author:瀧本靖子
国際中医師、中医薬膳師、国際薬膳師、管理栄養士、フードコーディネーター、ソムリエ協会認定ワインエキスパート。

東京の三軒茶屋教室を中心に、横浜・青葉台で薬膳教室心味を主催しています。
薬膳料理の「基本の“き”」を習得したい初心者から、薬膳を家族の健康管理に役立てたい方、体質や症状に合わせ「自分カスタマイズ」の薬膳をマスターしたい上級者、資格取得を目指す方まで、多彩なコースをご用意しております。
東京都内、神奈川県内を始め、全国のカルチャーセンターなどでも講座を持っています。
詳しくは薬膳教室心味のホームページをご参照ください。


最近の記事


ブログ内検索


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薬膳茶3つ

薬膳茶


今日は「秋の薬膳」をテーマにした教室の日でした。
生徒さんには、いつものように薬膳料理を4品と、今日は薬膳茶を3種類飲んで頂きました。

”薬膳茶”のイメージは「薬臭い」「漢方みたいな味」「苦い」という方もいらっしゃると思います

良薬は口に苦し、そんなところでしょうか?

今日飲んでいただいた薬膳茶は
�夏の疲れを取り、秋に備えるお茶。
これは、いわゆる日向で干された生薬の味と匂いがするお茶です。

�喉の痛みや、セキが出る時にいいお茶
これは、飲んでいくうちに苦味が感じられるお茶です

�秋に影響を受ける臓腑である肺をいたわり、喉やセキにいいお茶
これはミルクティのように濃くて美味しいお茶です。

全く、味も匂いも異なるお茶を紹介しました。
同じ「秋の薬膳」をテーマにした効能の薬膳茶ですが、色々あります。

効能を考えて調合するのは勿論ですが、「これとこれを組み合わせたらどんな味、匂いになるかな?」ということを考えて試作するのは、私にとって、ものすごく楽しい時間です

そして、一つのテーマでも、出来るだけ様々なタイプの味や香りや色の生薬、料理、お茶を紹介して、薬膳の奥深さや意外性を知ってもらい、一緒に楽しんでいけるといいなと思います

お教室で皆さんから、「わー!・・」「・・」は美味しい、苦い、びっくり、意外!などの言葉ですが、直接反応を貰えるのが、とっても励みになります。

明日も、教室で生徒さんからパワーを頂きます!

よろしく!!!



スポンサーサイト

ようこそ、薬膳へ

扉



あまり馴染みがないかもしれませんが、中医学、薬膳では「苔」を体調の判断に使います。その場合は舌の上にある「苔」です。

私は自然界にある緑色の苔が,落ち着くので気に入っています。

そんな潜在意識があったからでしょうか、この写真を初めて見た瞬間
「苔の生えた石の上を進むと、その光の先には、薬膳への扉がある」
私が薬膳を紹介する時には、最初のイメージは絶対にこれしかない、そう思った。

分かりにくい、という意見もありました。
イメージしにくいでしょうか?

HPを持って、これからブログに
「ほんの少しの工夫と知恵で、元気に毎日が過ごせる、薬膳のある普通の生活」について書くことで、薬膳に興味をもってくれる、つまり、扉を開けてくれる方がいたら、嬉しいと思う。

そしてこのドアは、私にとっては薬膳を通じて色々な人、例えば、野菜を作ってる人、その種を作ってる人、地球温暖化を考えてる人、、、と繋がっていける新しい入り口の扉だと思う。


「初心」って忘れやすいけれど、薬膳は面白くて、身近で楽しい、それを伝えていきたいと思う。

HPを全力で作ってくれてありがとう

写真を快くプレゼントしてくれて本当にありがとう


続きを読む »


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。